外壁の劣化のサイン!放置するとどうなる?

外壁は常に紫外線や雨風の影響を受けているため、徐々に劣化していきます。
お住まいを長持ちさせるためには、劣化の症状に早めに気づき外壁塗装を行う必要があります。
外壁塗装を行わず、そのまま放置すると危険な状態に……。
今回は、外壁の劣化のサインと放置するリスクについてご紹介いたします。

■外壁の劣化のサイン!放置するとどうなる?

○チョーキング(白い粉がつく)
危険レベル:★★★★☆
症状:外壁を触ると白い粉が付く
原因:太陽からの熱や紫外線、雨風による劣化


▼放置しつづけると?
今すぐに塗装しなければ危険というわけではありません。
しかし、雨風や紫外線などのダメージが建物内にも及び、お住まいの劣化が早まってしまう原因にも。
放置し続けると、外壁に水分が浸透しコケやカビが発生したり、ひび割れにつながる恐れがあるので要注意です。

○ひび割れ(クラック)


危険レベル:★★★★☆
症状:外壁に幅1mm以上のひび割れがある
原因:様々な刺激を受け続けることによる経年劣化や地震


▼放置しつづけると?
雨漏りや湿気によるカビやシロアリが発生。
建物自体の美観性や耐久性も低下させてしまいます。
最悪の場合、外壁材を取り替える工事が必要です。
3mm以上のひび割れがある場合は早急に補修が必要なので、当方へご連絡ください。

○汚れ(サビ・コケ・カビ)


危険レベル:★★★☆☆
症状:風通しや日当たりの悪い場所によく見られる
原因:防水性が低下し、壁が水分を含むことで発生


▼放置しつづけると?
汚れが部分的で見た目も特に気にならないのであれば、しばらくは特に問題はありません。
ただし、大きく進行している場合は、早めにプロにご相談することをおすすめいたします。
このような汚れは建物の美観性を損ねてしまうだけでなく、外壁部分がもろくなり、腐食が進むばかりか外壁の剥離など大きなトラブルに繋がることもあります。

○塗膜の剥がれ・めくれ


危険レベル:★★★★☆
症状:外壁や屋根の塗装が剥がれる
原因:多くの場合が施工不良によるもの


▼放置しつづけると?
剥がれを放置するとそこから雨水などが外壁内に浸水し、剥がれている面積がさらに広がってしまうので早めに補修しましょう。
放置を続ければ建物の強度は低下し、素材の交換や下地処理が必要になる場合も。

○コーキングの割れ


危険レベル:★★★★☆
症状:真ん中にひび割れが入る
原因:雨風や暑さ寒さ、紫外線による劣化


▼放置しつづけると?
防水機能を果たせなくなった目地から、雨水が侵入して雨漏りや腐食、カビの原因につながります。
建物の安全性に関わりますので、早急に工事をご検討ください。

○雨漏り・壁のシミ


危険レベル:★★★★★
症状:天井や壁にシミがある、壁紙が剥がれている
原因:塗装の劣化やひび割れによるものが多数


▼放置しつづけると?
雨漏りを発見した際には早急な対処が必要です。
放置し続けると、カビの発生や木材の腐食など他のトラブルが発生しかねません。
塗装工事だけで対処することが難しくなり、費用も余計にかかってしまいます。

■まとめ 
今回は、外壁の劣化のサインと放置するリスクについてご紹介いたしました。
外壁塗装を定期的に行わないと、さまざまな劣化症状が現れます。
放置すると、お住まいの耐久性を低下させます。
手遅れになる前にも早めの対策をご検討ください。


一覧ページに戻る

お問い合わせはこちら