コーキング

■コーキングの重要性

コーキングは目立たない存在ですが、住宅を守り長持ちさせるうえで非常に重要な役割を担っています。

お住まいにとって雨水の侵入は、建物の構造を劣化させ寿命を縮める大敵です。
それに対して、外壁の隙間を塞いで防水することがコーキングの役割です。
適切に施工またはメンテナンスされたコーキングなら、大切なお住まいをしっかり守ってくれます。

一般的に外壁において、初めに劣化するのがコーキング部分といわれています。
コーキング部分が痩せてひび割れてくる、5~10年を目安にメンテナンスを行いましょう。
劣化を放置してしまうと雨漏りや腐食といった現象が起こります。
『たかが継ぎ目……』とおろそかにせずに、適切なメンテナンスを行い大切なお住まいを長持ちさせましょう。

■このような状態は危険サイン

□ 隙間(剥離)がある
□ ひび割れ(破断)がある
□ 下地が見えている

これらの症状が見られればメンテナンス工事のタイミングです。
その他にも気になる点がございましたら、何でもご相談ください。

一覧ページに戻る

お問い合わせはこちら